2015年04月30日

『このは No.9 世界のフクロウがわかる本』挿絵4点

ふくろうの生活史イラスト

4月27日発売、文一総合出版の季刊誌『このは No.9 世界のフクロウがわかる本』で
フクロウの生活史のイラストカット4点を担当しました。
鳥好きの方にはきっとたまらないであろう写真が満載の、フクロウ大特集です。
こんなに魅力溢れる鳥だったとは…昨今のフクロウ人気も頷けます。
ご興味を持たれた方は、書店の店頭やネット通販で是非ゲットして下さいませ。

ふくろうの本書影

 『BIRDER 05(2015年5月号)』p.42-43にも、広告掲載中です!


posted by ucchy at 03:12| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

新しい絵! (My new artwork/size:1,000x1,600mm)

behind_me

去る4月22日〜27日、銀座のミレージャギャラリーさんの企画展『ベストアーティスト展 Spring 9』にこっそりと参加しました。時間がなくてこの1点しか描き下せず、これだけのために皆さんへ遊びに来て下さいと個人的にお願いするのはあまりに忍びなかったため、今回だけは告知を控えさせていただきました。「実物を観に行きたかったのに」と思って下さった方、本当にごめんなさい。

IMG_1082.JPG 久しぶりの畳サイズです。大きいと思っていたけど、案外小さかった…。

なお、この絵の実物は、9月26日(土)に東京理科大学の葛飾キャンパスで開かれる、バイオイメージング学会の公開講演会に再登場する予定です。公開講演会には私も演者として登壇しますので、お近くの方は是非遊びにいらして下さいませ。


posted by ucchy at 23:56| Comment(0) | イラスト制作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

今夜の現実逃避

寝そべる女の子

今日はここまで。背景を描く前にちょっと寝かせます(|3[_]


posted by ucchy at 06:57| Comment(0) | イラスト制作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

明けましておめでとうございます!

2015年年賀状.jpg

今年は、羊歯(シダ)にしました。
いつもより地味?
いえいえ、目に優しい緑系統の配色でございますよ( • ̀ω•́ )✧


posted by ucchy at 00:00| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

日本植物生理学会HP「みんなのひろば」イラスト

このたび、日本植物生理学会のホームページ http://jspp.org/ が全面リニューアルされました。
これまでも広報に注力され、その充実したコンテンツと豊富な情報量は非常に人気が高く、
日々の疑問や夏休みの自由研究対策に、名物の質問コーナーをご利用になった方も多いと思います。
また、英文学会誌であるPlant & Cell Physiologyは
以前表紙に渦鞭毛藻のイラストをご採用いただき、個人的にも強い思い入れがあります。

さて、今回はこちらの「みんなのひろば」のデザインリニューアルに伴い、
ヘッダーのアニメーション用イラストをご依頼いただきました。
http://jspp.org/hiroba/

web_jspp.jpg

白縁のついたイラストにマウスのカーソルを置いていただくと、
それぞれのコーナーへの案内タイトルが出てきます。
画像ギャラリーや解説エッセイ、お子さんと一緒に学べるワークブックなど
専門家や学生さんだけでなく、一般の方々にも役立つ情報が満載です。

アニメーションの方も、ぼんやりと眺めるだけで楽しい内容になっていますので
調べ物のついでに色々と楽しんでいただければ嬉しいです。


posted by ucchy at 21:58| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

2014年11月14日

日経ビジネスオンライン『教科書を追え!成毛探偵社』

この夏はグリーンランド時間、近頃は中央ヨーロッパ時間(CET)で暮らしております
超夜型人間のうちだでございます。皆様いかがお過ごしでしょうか( • ̀ω•́ )✧

今日の明け方頃に何気なくTLを見ていたところ、こちらが流れてきました。



えっ?



成毛 眞さん(@makoto_naruke)の連載コラム、『教科書を追え!成毛探偵社』です。

第一回:「生物」よ、汝はなぜカッコイイのか?
一目ぼれの1冊を訪ねて@東京書籍
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141029/273154/?P=1

第二回:「生物を好きになる教科書」が好きだから
感動の理由が分かった@東京書籍
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141029/273155/?P=1

まさにお世話になった本、お世話になった編集さんのインタビュー記事なので
「なるほど、普段こういうことを考えて作っておられるのか〜」と、とても興味深く拝見しました。
第二回の2ページ目を見るまでは。

何か見たことのあるカタカナ6文字を発見いたしましてですね…。
まさか、日経ビジネスオンラインの記事に名前を載せていただいていたとは夢にも思わず。
大変光栄でございますm(__)m


さて、東書さん繋がりでもう一つ。

販促用クリアファイル

先日、東京書籍オリジナルのクリアファイルの見本を頂きました。
問題集などの販促品として、高校の理科の先生方に配られるそうです。
両面仕様で、表側には元素周期表、裏側には動物&植物細胞図が載っています。
私にとっては東京化学同人の『科学のとびら』で描かせていただいた細胞図の、2年越しリベンジ版です。
(科学のとびら記事→ http://wilducchy.seesaa.net/article/304778256.html


忘れもしません、去年の日本植物学会 in 札幌での懇親会。
卒研時の指導教官の先生に、近況報告を兼ねて科学のとびらをお見せしたところ
「あらー、この小胞体とゴルジ体は動物細胞っぽいわね!(ゝω・)☆」


マジすか( ꒪Д꒪)!!!


そういえば、動物細胞の小胞体とゴルジ体を蛍光色素で染めたデータはあれほど調べたというのに、
“一般的な”植物細胞の小胞体とゴルジ体を蛍光色素で染めたデータは
全然調べてなかったんですよね…あまりの迂闊さに、果てしなく凹みました。

その後、新学術領域『植物細胞壁の情報処理システム』のお仕事で色々な資料を見せていただくなか、
ようやく植物細胞内のオルガネラの一般的な分布パターンを学び、
「いつかあの図を描き直したいー、描き直したいー」とボヤいていたところに
絶好のチャンスを頂いたのが、実は今回のクリアファイル用の細胞図なんです。

“多細胞の中の一細胞”というスタンスで、細胞間にまたがる構造物を出来るだけ含めました。
植物細胞の小胞体・ゴルジ体・原形質連絡あたりが特に、劇的に変わっております。


新旧植物細胞図

違いがお分かりになりますか?

Before
plant_cell_2.jpg



After
plant_cell_3.jpg

これでひとまず小胞体とゴルジ体に関しては、かの先生にお許しいただけるものと思います。たぶん。
しかし次からはもっと見やすい図が描けるようになりたいものです。
細胞の模式図、ライフワークの一つにしようと決めたからには頑張りませんと∠( ゚ω゚)/


posted by ucchy at 03:51| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

【RNA2016 Kyoto】海外向け宣伝用の手ぬぐいハンカチ

RNA2016Kyoto novelty goods

I designed the novelty goods, "tenugui" handkerchief for RNA Society Meeting 2016 in Kyoto, Japan. There are traditional icons of Kyoto (apprentice geisha "Maiko-san", Toji pagoda, cherry blossom in full bloom, etc.) in this design. You can get it free at various international conferences related to RNA science. Don't miss it!

2016年6月に京都で開催される国際学会、RNA Society Meetingの宣伝用として
フライヤーのデザインをご依頼いただきました。

前回の京都開催時には、既製品の千代紙1枚・鶴の折り方・RNA2011の情報を書いた
しおりのセットをお配りになったそうで、大変に好評だったようです。
今回も“日本らしくて印象に残るデザインのものを”ということで、
議論を重ねた結果、約35cm四方の『手ぬぐいハンカチ』を作ることになりました。

「京都といえばやっぱり舞妓さんと東寺の五重塔と桜だよね!」と、
デザインに関しては、京都感溢れる可愛らしいものにすぐ決定したのですが、
肝心の配色がなかなか決まらなくて…今回一番苦労したところではないでしょうか(涙
ちなみに、手ぬぐいハンカチのスクリーンプリントと三ツ巻きの縫製は、
大阪にあるオリジナルてぬぐい専門店 紺屋さんにお願いしました。
色々とご無理を聞いていただき、本当にありがとうございます。

この手ぬぐいハンカチ、
すでに海外のRNA関連の学会等で、順次無料配布をされているようです。
もしお見かけになった方は、是非ゲットして下さいね。


posted by ucchy at 02:42| Comment(2) | いろいろオフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

巡回展「植物細胞壁のミクロの世界」、いよいよ東京へ∠( ゚ω゚)/

東北大学植物園を皮切りに、北海道大学総合博物館での展示を終えた
新学術領域『植物細胞壁の情報処理システム』の巡回展「植物細胞壁のミクロの世界」が
いよいよ東京へやってきます!

東京大学小石川植物園内 柴田記念館にて
9月9日から12月14日まで開催されております。
PDFはこちら→ https://www.plantcellwall.jp/event/pdf/evsche_18.pdf

お近くへお寄りの際は、是非会場へ足をお運び下さい。


posted by ucchy at 22:30| Comment(0) | いろいろオフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

巡回展「植物細胞壁のミクロの世界」、次は札幌へ∠( ゚ω゚)/

先日まで東北大学 植物園で開催されておりました、
新学術領域『植物細胞壁の情報処理システム』の巡回展「植物細胞壁のミクロの世界」。
次の会場は、北海道大学です!
北海道大学 総合博物館にて、6月24日から8月31日まで開催されております。http://www.museum.hokudai.ac.jp/news/article/263/

こちらでも
1)私が「どう頑張っても間に合わないー」と泣きながら頑張った、17枚の特大パネル
2)広報担当・工藤さんが細胞壁の世界をビーズで正確に再現した、特製模型
3)植物細胞壁を舞台にした、線虫アイドル育成型iPadゲーム
を絶賛展示中です。お近くへお寄りの際は、是非会場へ足をお運び下さい。

さてさて、実はこのiPadゲームがオンラインで遊べるようになりました!
https://www.plantcellwall.jp/nkb48/
私はパネル作成時に一応真面目に勉強したので、辛うじて全問正解しましたが
これは意外に難しい・・・皆さんもチャレンジしてみて下さい。

なお、今後の予定はこちらです。

巡回展「植物細胞壁のミクロの世界」
東京大学小石川植物園 2014.9.20-11月中旬
日本科学未来館(江東区) 2015.5月
科学技術館(千代田区) 2015年
名古屋大学博物館 2015年
人と自然の博物館(三田市)2015年


どうぞお楽しみに!


posted by ucchy at 03:21| Comment(0) | いろいろオフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする