2016年04月10日

日本微生物生態学会の和文誌 表紙が新しくなりました!

3年ぶりに、日本微生物生態学会和文誌の表紙イラストが一新されました。
今回もイラストを担当させていただいております。

微生物生態学会和文誌2016.jpg

研究者と顕微鏡で「観察」という専門性を表現した旧バージョンとはうって変わり、
今回は、研究者と塩基配列&化学構造式で「分析・解析」という専門性を前面に出しました。

中央のブラックボックスから溢れ出るのは、未解明のゲノム領域を含むDNAリボンであったり、
まだまだ知られていないことの多い既存の微生物たち、エチルアルコールやペニシリン、
2015年のノーベル賞受賞で注目を集めたイベルメクチンに代表される、微生物由来の化合物です。
様々な環境で微生物が作り出す有用な天然化合物の発見と、それらの分析・解析を進めることは、
基礎分野の発展を支え、新たな有用菌株や有用化合物の発見、遺伝子工学による菌株の改良や
有用化合物の大量生産といった、医療や産業への貢献にも繋がる大きなテーマでもあります。
そうした未来への可能性を含む『微生物資源に注目した基礎研究』が今回の主題となりました。

また、幹事の先生方からのリクエストにより、「年代を超えて研究する」「若手を育てる」という
メッセージを込めて、男子高校生と中高年の男性研究者を描いています。
前回は「女性」という設定でしたので、今回は安直に2人とも「男性」という設定にしました。

微生物生態学の分野が益々発展しますように、また市民講演会などを通して多くの子ども達に
微生物研究の世界の魅力が少しでも伝われば良いなと願っています。


posted by ucchy at 11:08| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Cell Reportsの表紙イラスト

宮崎大学の西頭先生からご依頼いただいたイラストが
科学雑誌Cell Reports Volume 13, Issue 5の表紙に採用されました。
Cell Reportsの公式サイトにイラストの解説文(英語)があります。

CellRep表紙

それぞれの物質や役割をどう表現しようかな、と思案している時に突然思い出したのが
『蝦蟇の油売り』でおなじみの“和紙を日本刀で細かく切って紙吹雪にする”という、あの芸でした。
まさにプロテアソーム(=タンパク質を分解する酵素複合体)の動作にピッタリ!
というわけで、今回はメインで働く物質をお侍さん風に擬人化しています。

また、もう一つのポイントは折り鶴です。
リボソームによって合成されたばかりのタンパク質の多くは、
それぞれ決まった形に折り畳まれる(=フォールディング)ことで、機能を発揮できるようになります。
多くのタンパク質は、誰の助けも借りず、あるべき形になるよう自発的に折り畳まれますが、
中には(今回の論文にも登場する)シャペロンと呼ばれる、折り畳み係のタンパク質によって
折り畳まれるものもあります。プロテアソームに分解されるタンパク質を『紙』に例えたことで、
シャペロンに折り紙を折ってもらうという設定が、ここで上手いこと可能になりました。
“国際的に有名な折り紙のモチーフ”で“いかにも和風”といえば…鶴に敵うものはありませんよね。

なお、このイラストではちぎり絵風に見せるために、いつも通り墨汁で描いてはいますが、
主線として描いたものの内側を塗りつぶすような感じで、墨汁の線の輪郭だけを使用しました。
いつもとはちょっと雰囲気の違うイラストに仕上げています。


posted by ucchy at 01:21| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

『このは No.10 光る生きものはなぜ光る?』挿絵11点

CK7aMmoUsAEQxyD.jpg

7月27日発売、文一総合出版の季刊誌『このは No.10 光る生きものはなぜ光る?』で
光る生き物や人物などのイラストカット11点を担当しました。
美しい発光生物の写真が満載で、眺めているだけでも十分楽しめる一冊ですが、
もちろん内容も盛り沢山!光る生き物も光る仕組みも様々なんだなぁ…と、
担当エリアの原稿を拝読するだけでも、色々と勉強になりました。

CK7aKkIUkAIIxaf.jpg

ご興味を持たれた方は、書店の店頭やネット通販で是非ゲットして下さいね!


posted by ucchy at 03:00| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする