2016年10月20日

新学術領域研究『植物細胞壁の情報処理システム』コンセプトイラスト一覧

新学術領域研究『植物細胞壁の情報処理システム』の領域ホームページが立ち上がり、
「各研究者の研究内容を1枚のイラストにまとめてメンバー紹介欄に載せたい」とのことで
これまでに多くのコンセプトイラストを描かせていただきました。
また、ラボ研ブログが始まってからは、プロジェクトに新しく加わった研究者の方々の
コンセプトイラストも手がけ、その合計枚数はとうとう20を超えることに。
https://www.plantcellwall.jp/member/#/basic
https://www.plantcellwall.jp/blog/#/basic

一般の方にも分かりやすく、研究内容に興味を持っていただけるよう、
研究者の方々にはたくさんの資料をご提供いただき、また懇切丁寧な解説をお願いし、
広報担当の工藤さんと2人で日夜アイデアをひねり出し、知恵を絞って出来たイラストです。
おかしなキャラクター達も、研究紹介のお手伝いに一役買っています。
特別展『植物細胞壁のミクロの世界』の展示パネルとともに、是非じっくりとご覧下さい。


●A01班:つくる 植物細胞壁を構築するしくみの解明

研究紹介_出村先生.jpg

研究紹介_上田先生.jpg

研究紹介_橋本先生.jpg

研究紹介_石崎先生.jpg

研究紹介_小田先生.jpg

研究紹介_藤原先生.jpg


●A02班:はたらく 植物細胞壁が情報処理を発揮する分子メカニズム

研究紹介_西谷先生.jpg

研究紹介_大林先生.jpg

研究紹介_工藤先生.jpg

研究紹介_横山先生.jpg

研究紹介_倉田先生.jpg

研究紹介_佐藤先生.jpg

研究紹介_岩井先生.jpg

研究紹介_円谷先生&小竹先生.jpg

研究紹介_馳澤先生&桧垣先生.jpg

研究紹介_五十嵐先生.jpg

研究紹介_三輪先生.jpg


●A03班:交信する 植物と他の生物との間のインターフェイスの分子基盤の解明

研究紹介_澤先生.jpg

研究紹介_相田先生.jpg

研究紹介_山口先生&瀬戸先生.jpg

研究紹介_近藤先生.jpg

※ファイル名には、イラスト制作当時にご担当いただいた先生方のお名前が入っております。
 その後、同じテーマで新たに加わられた先生方もおられますので、
 各研究テーマに興味を持たれた方は、ぜひ領域ホームページをご覧下さい。


posted by ucchy at 04:13| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新学術領域研究 特別展『植物細胞壁のミクロの世界』展示パネル一覧

全国の大学の博物館・植物園にて巡回展示が行なわれた、
新学術領域研究「植物細胞壁の情報処理システム」の研究成果をまとめた特別展
『植物細胞壁のミクロの世界』ですが、この夏に東大駒場博物館での開催に合わせて
展示パネルをもりもりと増設し、最新の成果も盛り込んだ研究紹介パネルが揃いました。

「つくる」「はたらく」「交信する」の3つのアプローチで、
未だ知られざる植物細胞壁の働きを、様々な方向から徹底的に解明していく当プロジェクト。
巡回展をご覧いただけなかった皆様、また、各会場へ足をお運び下さった皆様へ
特大展示パネルの概要をざざっとご紹介いたします。

00.jpg

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

最新の研究成果の解説やイベントレポート、研究現場のインタビューブログなどは、
領域ホームページでご覧いただけます。こちらも是非チェックしてみて下さい。
https://www.plantcellwall.jp/#/basic


posted by ucchy at 03:23| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

RSSB2016 メインビジュアル

昨今の基礎研究や応用研究において、『データの再現性』は以前より重要度を増しています。
実験材料や抗体が常にベストな状態であるか? 前回の実験と同じ条件を確保できているか?
同じプロトコルでも実験者によって異なる結果が出てしまう、なんて事もままあります。
職人芸を必要とされる分野もありますが、少なくとも一般的な実験操作をする上では、
同じ材料&プロトコルを用いて誰が担当しようとも同じ結果になる(=再現性がある)ことが大切です。

実験者の個人差や首尾によって実験結果に影響が出てしまうことをなるべく排除するために、
実験の一部または全てをロボットに担当してもらおうということで、このたび新しく出来たのが、
『生命科学実験の自動化に向けた、情報技術とロボティクスの融合を目指す
Robotics and Semantic Systems for Biology(RSSB)』という研究分野です。
RSSB2016 https://rssb2016.robotic-biology.org/

RSSB2016メインビジュアル.jpg

ちなみにウチダは、このたび6月25日に東京の日本科学未来館で開催された、
国際会議のメインビジュアルを担当させていただいております。

皆様おなじみの器具や実験操作をはじめ、2進法でこっそり(←)メッセージを入れたり、
あえてロボットのアームを一箇所外してあったりと、小ネタがあちこちに仕込んであります。
RSSB2016のサイトでは、高解像度のポスターデータ(24MBもあるPDFです)が公開されていますので、
ご興味のある方は是非ダウンロードして、隅々までじっくりとご覧になって下さい。


posted by ucchy at 04:38| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする