2018年10月11日

Chemical ScienceのInside back coverイラスト

名古屋市立大学の久松先生からご依頼いただいたイラストが、
科学雑誌 Chemical Science 14 October 2018, Issue 38 の
Inside back cover(裏表紙の裏側)に採用されました。

CS_insidebackcover.jpg

今回は、画像の左側にあるピンセット分子(トングのような形)のもつ
2つの特徴的な性質:
 1)光感受性物質と複合体を形成すると、がん細胞に対する親和性が上がる
 2)光感受性物質を捕まえる人工レセプターとして働く
を利用して、複合体に特定の色の光を照射し活性酸素を発生させて、
効率良くがん細胞を攻撃する様子を、1枚の絵として表現しました。

CS_insidebackcover_s.jpg

元論文はこちらです。
Design and synthesis of a 4-aminoquinoline-based molecular tweezer
that recognizes protoporphyrin IX and iron(III) protoporphyrin IX and
its application as a supramolecular photosensitizer

https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/sc/c8sc02133c#!divAbstract




posted by ucchy at 02:42| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。