2016年10月09日

毎日新聞社の電話取材を受けました

【2016.10.10追記】
毎日新聞社の記者の方がすぐにご訂正下さり、下記URLのインタビュー記事から
当初あった最後のコメントの「大隅先生や」の文言を削除して下さいました。
訂正後のコメント内容であれば、大隅先生に対する読者の方の誤解も防ぐことができ、
既に記事をお読みになられた方へも、誤解を解くことが出来るのではと期待します。
http://mainichi.jp/articles/20161008/k00/00e/040/253000c
記事を担当して下さった酒造さんと毎日新聞社のネット担当の方には、
祝日にもかかわらず朝から大変迅速に対応していただき、本当にありがとうございました!
新聞の本紙面での訂正手続きも行なって下さるそうで、重ね重ね感謝申し上げます。


***

東工大の大隅良典先生が、今年のノーベル生理学・医学賞をされました。
年明けから名誉ある賞を数々ご受賞なさっていることは存じておりましたが、
この度もまことにおめでとうございます!!

さて、門下生の先生方からこの春にご依頼頂き、4月に贈呈されたイラストが、
今回のノーベル賞受賞報道であちこちのメディアに登場しております。

dr_osumi.jpg

●イラスト制作記はこちらです→ http://wilducchy.seesaa.net/article/436507159.html

大隅研の友達が取材対応中にめいっぱい宣伝してくれたようで、本当に有り難い限りです。
また、取材現場でイラストをご覧になられた報道関係者の方から
大変光栄なことに、イラストについてのインタビュー取材希望のお申し出がありました。
せっかくのノーベル賞ご受賞だし、とにかくお祝いのコメントをお伝えしたいと思って、
取材をお受けしました。

【毎日新聞】ノーベル賞:研究する大隅さん夫妻の姿 門下生贈る
http://mainichi.jp/articles/20161008/k00/00e/040/253000c

既にこの記事をご覧になった方がいらっしゃるかもしれません。
公開前の事前チェックがなかったこともあり、内容については公開後に初めて知りましたが、
祝賀会前夜に納品が完了したとお伝えした事を「前日に完成」という表現に変更されていたり、
「門下生の先生方が待ち望んでおられた」というコメントを“大隅先生も待ち望んでおられた”かのように
拡大解釈を経て書かれている点が個人的に引っ掛かってしまい、素直に喜べないところでもあります。
私は、電話インタビューの際に
「門下生の先生方はじめ、多くの方が待ち望んでおられた」とはお伝えしましたが、
「大隅先生が自らノーベル賞受賞を待ち望んでおられた」とは発言しておりません。
当然、大隅先生ご自身もテレビでの受賞会見でも話しておられたように、
研究を始められてからはノーベル賞のことなど考えておられなかった筈です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000002-wordleaf-sctch&p=2
インタビュー記事をご掲載下さった毎日新聞社でも、会見時のご発言はちゃんと記事になっています。
http://mainichi.jp/articles/20161004/k00/00m/040/091000c

どういう経緯でこのような記載がされることになったのか、些か疑問ではありますが、
せっかくの素晴らしいニュース、また、イラストレーターとしても大変嬉しい出来事だっただけに、
事実にそぐわないコメントのせいで、大隅先生にご迷惑が掛からないことを願わずにはいられません。

昨日、同じようにテレビや新聞社の取材を受けた経験のある友達と話しましたが、
テレビや新聞の取材中に発言していない事を、さも言ったかのように報じられるのはとても不本意だし、
ご本人がそう仰ったり考えておられる筈のないことを何故勝手に付け加えたりするのか!?と、
相当困惑したそうです。取材現場の大混乱を思えば、私の不満など微々たるものですが…。

そういう事情を踏まえて、お読みいただければ幸いです。

なお、大隅先生ご自身の会見中継やインタビュー記事をご覧になった方なら、
VTRやご発言の端々に垣間見られる大隅先生のお人柄・研究に対する信念などから
“大隅先生が自ら待ち望んでおられた訳ではない”ことが、きっとご理解いただけると思います。




posted by ucchy at 22:25| Comment(0) | いろいろオフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: