2017年12月03日

クリアファイル・マスキングテープ等の通販開始

大変長らくお待たせいたしました!
やっとこさクリアファイルとマスキングテープの通販の準備が整いましたので、お知らせいたします。ポストカードやウニ発生ポスター等、他の商品も順次追加していく予定です。
どうぞご贔屓に!!

ウチダヒロコOnlineStore - BOOTH
https://uchidahiroko.booth.pm/

Tシャツやマグカップ等の受注販売は、引き続きSUZURIさんでお取扱中です。
https://suzuri.jp/ucchy

なお、50部限定発売の『生物学ポストカード卓上カレンダー』の入荷日に合わせまして、ConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会、2017.12.6-9)開催後の発送となりますので、その旨何卒ご了承下さい。

●クロネコヤマトのあんしんBOOTHパック(匿名配送)にてお届けします。
https://booth.pm/anshin_booth_pack_guides
この配送サービスでは、送り先情報が当方へ一切伝わりませんので、どなたがお買い上げくださったのかを私が知るすべはありません。こっそり買いたいという方にも超オススメです( ✌︎'ω')✌︎


posted by ucchy at 00:23| Comment(0) | 通販のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

いきもにあ2017、いよいよ明日から!

いきもにあ_生物学画舫.png

いきもにあ、いよいよ明日になりました。
ブース番号は【B47】、屋号は【生物学画舫】でございます。
基礎生物学ジャンルのグッズ販売とサンプル展示を行ないますので、
お近くの方は是非遊びにいらして下さい。
お待ちしておりまーす!

2017年11月11日(土)〜12日(日)京都市勧業館『みやこめっせ』
https://equimonia.jimdo.com/


posted by ucchy at 13:41| Comment(0) | いろいろオフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

単行本『次元を超えた探しもの アルビーのバナナ量子論』

je_albiebright_cover.jpg

My new artwork, Japanese edition of The Many Worlds of Albie Bright (author: Christopher Edge @edgechristopher, translator: Kazue Yokoyama @SUGO_ohanasi) is now on sale in Japan!!!

イギリスの児童書作家、クリストファー・エッジさん http://www.christopheredge.co.uk/
『The Many Worlds of Albie Bright』の日本語訳版、
『次元を超えた探しもの アルビーのバナナ量子論』が、くもん出版から発売されました。
訳者は、やまねこ翻訳クラブで活躍されている、横山和江さんです。
http://www.yamaneko.org/bookdb/int/ls/kyokoyam.htm
ウチダは、表紙イラスト・扉絵・本文挿絵を担当しました。

単行本の表紙と裏表紙、カバー見開きと帯はこんな感じです。
帯と見返し部分のバナナ色がすごく可愛い。
装丁デザインを担当された村松道代さんが、薄手のボール紙を選んで下さったおかげで、
手に持ちやすく、軽さの心地良いハードカバーになっています。

je_albiebright_front.jpg je_albiebright_back.jpg je_albiebright_1.jpg

原画はこんな感じで、表と裏がつながった状態で描いています。
装丁の段階でタイトル等との兼ね合いもあり、パーツが多少移動しました。

Cover art (original version)
je_albiebright_2.jpg

対象年齢は小学校高学年向けですが、子どもから大人まで楽しめるSF冒険ファンタジーです。
帯とあとがきにもありますが、物語と科学の架け橋になるような本なので、
ぜひ手に取って、じっくりお読みいただければ嬉しいです。




posted by ucchy at 18:16| Comment(0) | イラストのお仕事【一般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

ダンゴウオ柄のマスキングテープ、入荷しました!

ダンゴウオ柄マスキングテープ.png

Washi tape (Lethotremus awae / lumpfish) New Arrival!!
Illustrated by Hiroko Uchida

可愛すぎて使うのがもったいない!使った後も捨てるのがもったいない!という
ダンゴウオ柄のマスキングテープ、とうとう入荷しました。1個500円(税込)です。
15mm幅で10m巻、市販のテープカッターにも収まるサイズになりました。
来月のいきもにあでも販売しますので、ご興味のある方は是非チェックなさって下さい(๑•̀ㅂ•́)و✧"


posted by ucchy at 15:29| Comment(0) | いろいろオフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

山岸明彦先生の『基礎講義 遺伝子工学I』

東京化学同人から発売された遺伝子工学の教科書、
『基礎講義 遺伝子工学I』の、カバーイラストを担当しました。
山岸明彦先生(東京薬科大学)のご著書です。

基礎講座遺伝子工学I.jpg

今回は、DNAやRNAでおなじみの“右巻きの螺旋モチーフ”を踏襲しつつ、
差し色を加えて、塩基置換や挿入配列をシンプルに表現しています。

アクティブラーニングにも対応とのことで、
書籍ご購入の方には、自習用の講義動画と演習問題がもれなく付いてきます。
詳しくは、以下の公式情報をご覧下さい。
http://www.tkd-pbl.com/book/b313386.html


posted by ucchy at 18:02| Comment(0) | イラストのお仕事【科学】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

黒猫

黒猫.png

他の猫たちと比べて 写真映りが悪い と評判の私
この可愛さは 写真なんかにゃ 収まりきらないもんね
おあいにくさま
by とおりすがりの黒猫


posted by ucchy at 21:50| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

チンアナゴマグカップ通販開始のお知らせ

2012年に販売を開始したチンアナゴのイラストを5年ぶりに大改訂しました。
あれからもう5年も経ったんですね…早いなぁ。
実は前から、自分用にチンアナゴのマグカップが欲しかったんですが、
「マグカップにするには柄を描き足す必要がある=点描を打たねばならぬ=辛い」
という感じで、いきもにあ参戦に向けて、今頃ようやく重い腰が上がりました。

チンアナゴマグカップ柄見本.png

今回は、従来の柄よりも10匹多い、総勢15匹がぐるりと囲むデザインです。
チンアナゴの尾を描くのは初めてかもしれません。
マグカップにしたら…今度こそチンアナゴが実物大になるぞ!というわけで、
早速SUZURIさんに図案を登録し、通販開始直後に自分用のを買いました( ✌︎'ω')✌︎


↑ こちらから、マグカップの全アングルがご覧いただけます。
10日後くらいには届くそうで、手にするのがとても楽しみです〜♪


posted by ucchy at 22:28| Comment(0) | イラスト制作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

Developmental stages of sea urchin ウニの発生段階ポスター

sea_urchin_developmental_stages.jpg

先日の博物ふぇすてぃばる!4用に描き下した、新作A3ポスターです。
「プルテウス幼生からどうやって稚ウニが出来てるん?」という素朴な疑問を解消すべく、
受精卵から稚ウニまでの発生過程を腹面側から描き、一覧できるように並べました。
「まさかそんな場所から稚ウニが出てくるなんて、予想外でしたわ…」
「あんなに造形の可愛いプルテウスを脱いだ挙句に捨てるなんて…もったいない」という
とても個人的な感想が、この一枚のポスターにたっぷりと詰まっております。
なお、ウニの種類は特定せず、あくまでもモデル図としての作品です。
資料の関係上、ムラサキウニ・アメリカムラサキウニ・バフンウニ・アカウニの4種を
ざっくりと混ぜて割った感じの描写にし、イベントの3日前に完成したこともあって
入稿期限の都合上、骨片と繊毛の描写は省略しました。

大きめの画像は、下のURLからご覧いただけます。
Developmental stages of sea urchin (model)
http://uchidahiroko.com/sea_urchin_developmental_stages.png (full size ver.)
*I drew the anal side of these larvae. Larva’s cilia and skeletons are omitted.

卵の極性と幼生の体軸方向の説明.png
Polarity of egg and direction of larva's body axis

体軸方向については、筑波大学・下田臨海実験センターの谷口俊介先生のご厚意により
事前にチェックをしていただきまして、正確性はバッチリでございます( ✌︎'ω')✌︎
それ以外の図の不備に関しては、ウチダの勉強不足に全面的な非がありますので、
「原腸陥入の位置がちょっと上すぎる」や「なぜ骨片と繊毛を省略したんだ」などの
科学的内容についてのご指摘は、是非この記事のコメント欄へお寄せ下さい(涙


posted by ucchy at 23:33| Comment(0) | イラスト制作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

【お知らせ】今年のイベント出展予定

■ 博物ふぇすてぃばる!4 2017年7月22日(土)〜23日(日)科学技術館
http://hakubutufes.com/
サイエンスイラストレーションの大先輩達のブースに、今年も居候させていただきます( ✌︎'ω')✌︎
今年は、会場入り口入ってすぐのAフロア【A-24 vivo】です。
・販売グッズ・・・細胞図クリアファイル3色(A4サイズ)
        生物学ポストカード12種類
        ウニ発生ポスター(A3片面&A4片面)
        細胞モデルの作り方ペーパー(A3サイズ両面)
・無料配布・・・細胞図クリアファイルの解説ペーパー&ぬり絵
・サンプル展示・・・新作のダンゴウオTシャツとダンゴウオマグカップ

■ いきもにあ 2017年11月11日(土)〜12日(日)京都市勧業館『みやこめっせ』
https://equimonia.jimdo.com/

いきもにあ_生物学画舫.png

基礎生物学ジャンルで出展します。屋号は『生物学画舫』です。
博物ふぇすてぃばると同様に、グッズ販売とサンプル展示を行ないますので、
お近くの方は是非遊びにいらして下さい。

各イベントの最新情報は、公式サイトとTwitterの公式アカウントから!
博物ふぇすてぃばる!4 https://twitter.com/hakubutufes
いきもにあ 2017 https://twitter.com/equimonia


posted by ucchy at 21:09| Comment(0) | いろいろオフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする